綺麗なスタイルは豊胸で実現可能|輝く曲線美への憧れ

簡単に胸を大きくする施術

胸元

近年、美容外科で注目されている豊胸整形としてプラズマジェルがあります。これは、100パーセント、自分の血液を胸に注入するバストアップ施術です。この豊胸整形の手順は、まず自身の血液を採取して遠心分離にかけます。そこから、PPP(少血小板血漿)とPRP(多血小板血漿)を熱処理してジェル状に加工します。そのジェル状のものを胸に注入するだけの施術です。PRPに含まれる成長因子には、脂肪細胞の成長を促す作用が有ります。そのため、ふっくらと自然な仕上がりのバストになります。この豊胸の利点はメスを使わないので、体に負担がかからないことです。それと、自身の血液から採取した成分を注入するのでアレルギーの心配もないです。気軽に受けることができる整形施術といえます。

プラズマジェルは、美容外科で人気が有る豊胸施術です。体や精神的にも負担が少なく、女性が気軽に受けることができます。しかし、この整形において、いくつか施術前に認識しておかなければいけないことが有ります。まず、治療後には、患部に赤みや軽い腫れ等の症状が出る場合があります。これは過剰に心配する必要はなく、通常、数日で消失していきます。また、稀に内出血が出る場合もありますが、2週間で消えます。その他の注意点は、このプラズマジェルの効果は1回の治療で6ヶ月くらいしか継続しないことです。そのため、継続して豊胸効果を得たいならば、続けて施術を受ける必要が有ります。一回目の施術から3ヶ月くらい経過した時に、次の施術を受ければ効果的です。